義務1

プレジャーボートなどの小型船舶では、船長の遵守事項として、船長自身も含めた乗船者に対してライフジャケットを着用させることなどが定められています。
その中でも、特に次の乗船者に対しては着用が義務となっています。
 ①航行中の特殊小型船舶(水上オートバイ等)に乗船している者
 ②航行中の小型船舶に乗船している小児(12歳未満)
 ③船外に転落した際に短時間で救助されるため適切な連絡手段を確保せずに、航行中の小型漁船に一人で乗船して漁ろうに従事している者
※平成20年4月1日からは、連絡手段を確保していてもライフジャケットの着用が必要となりました。

一について、特殊小型船舶とは主にジェットスキーなど水上オートバイの事をさします。ジェットスキーなどに乗る場合はライフジャケットを着用しなければいけません。
次に、二については文字通り、12歳未満の子供が小型船舶に乗る場合はライフジャケットを着用しなくてはいけません。
次の三については、私達のような一般の釣り人には余り関係はありませんが、1人で漁業に出る場合の漁師さんはライフジャケットを着なくてはいけませんと言う内容です。

以上の方はライフジャケットの着用義務があります。

不意の事故に備え、乗船時にはライフジャケットの着用を忘れないようにしましょう。